Recruitment for Sales

ニューロープは現在営業職を募集しています!

ファッションAIでクライアントのビジネスにインパクトを与えながら、自社プロダクトの成長に貢献することでテクノロジーを前進させる、やりがいのある仕事です!

ニューロープの取り組む事業

ファッション業界は着実に前進してきました。一方で、今はまだ解決されていない問題もあります。

例えば在庫問題。正確なトレンド予測をすることは難しく、結果的に生まれた過剰在庫はブランドの収益性を圧迫します。

ECも便利な半面、まだ不便な一面も残しています。ユーザーはぶらぶらと非目的買いをするのが難しいし、店員の丁寧な接客を受けることもできません。

そんなファッション業界を更に一歩前に進めるために、私たちはファッション領域に特化した人工知能を開発・提供しています。

ファッションおじさんはファッションスナップを自動で解析します。トップス、ボトムスなどアイテムの位置を特定し、「#デニム #ジャケット #ブルー」といった具合にそのアイテムの特徴をタグ付けします。サーバ1台で月間100万枚以上のスナップを解析することができます。

人工知能ショップ店員のMikaはコーディネートを提案します。「このアイテムとはこのアイテムを着合わせるとばっちりです!」と本物のショップ店員さんのように教えてくれます。

この人工知能は、ファッションコーディネートアプリ『#CBK』の運用を通して得られた、情報化された大量のスナップを元に学習を続けていて、今この瞬間も成長しています。

ニューロープはこれらの人工知能を用いて、ファッションECにリコメンデーションや画像検索機能を提供したり、ソーシャル上のスナップを解析してトレンド予測に取り組んだり、監視カメラの映像を解析して来店客を分析したりと、ファッション業界を大きく前進させようとしています。

ニューロープの良いところ

能力次第では大きな裁量を得られます

現在ニューロープは営業1人、エンジニア3人、編集1人という構成のチームになっています。営業は代表が兼任している状況です。

優秀でさえあれば、営業に関しては代表よりも権限を持つということもありえます。

大企業では10年、20年かかるかもしれない裁量権を持って、企業の決済担当者と対等な立場でバリューを発揮していけば、大きく成長できることと思います。

また組織づくりやファイナンス、メディア運営など、関心があれば職掌を広げていくということもできます。

テクノロジーのフロンティアを開拓するメンバーの一員になります

ニューロープは人工知能を駆使したスタートアップです。

その中におけるセールスというポジションは重要な位置づけになっています。これまでになかった新しいテクノロジーをどのように活用していくのか、クライアントは何をやりたがっているのかといった、プランニングやマーケティングの要素を多分に含んでいます。

テクノロジーで世の中を前進させるチームになくてはならない一員として取り組んでいくことができます。

組織として生産性を重視しているからこそ、無駄なことに時間を使う必要がありません

ニューロープは生産性に高いプライオリティを置いています。

このため、毎日の出勤が必ずしも必要とは考えていません。現在は週に3日出勤し、残りの2日は各自好きな場所で仕事をしています。通勤の往復2時間があれば、家事も片付くしジムで運動することもできます。

無駄な会議も根回しもいりません。ほとんどのことはチャットの短いやり取りで解決します。

フレキシブルで多国籍なチームで、多角的なスキルが身につきます

チームにはドイツ人のエンジニアが1人いて、2018年5月頃にはアルゼンチン人のエンジニアもジョインする予定です。

英語でのコミュニケーション、開発メンバーとのシステムに関するコミュニケーションなど、慣れるまでは苦労が多いかもしれませんが、その苦労を乗り越えられたらどこでも通用する人材になっているはずです。

求められるスキル

我々はセールスに次のような能力を期待しています。

  • クライアントとの良好な人間関係を構築するコミュニケーション能力。必ずしも饒舌である必要はなく、真摯に向き合うパーソナリティを重視します。
  • AIや自社アプリケーション、クライアントのシステム構成を理解した上で、できること、できないことを明確にした上で提案する能力。最初から身につけている必要はありませんが、クライアントの意思決定を早めるためにも、社内のコミュニケーションを円滑にするためにも、インテグレーションについて学ぶ姿勢は欠かせません。エンジニアリングの話になると耳を塞ぐというタイプは少なくとも求めていません。
  • 早い情報処理技術と、半日以内にメールを返すクイックレスポンス。仕事の内容は多岐に渡り、丁寧さよりもスピード感が求められます。自分の生産性をいかに高めるかというところに関心の高いセールスを求めています。

「気になる!」という方はまずは渋谷でランチか夕飯をご一緒しましょう!

テクノロジーでフロンティアを開拓していくメンバーをお待ちしております!